AppleがiOS12を発表!リリース時期や新機能、対応機種などまとめ

ども!MASAです。

2018年6月5日の日本時間午前2時、WWDC 2018(Worldwide Developers Conference 2018)で次期iOSとなる「iOS 12」が発表されましたね。

今回の発表内容を端的に言い表すと、「速度向上」「パフォーマンス強化」という言葉がしっくりきます。

飛躍を遂げたiOS12のリリース時期や新機能、対応機種についてまとめて一気に紹介します。

スポンサーリンク

iOS12のサマリー

今回のiOS12の発表で語られた内容をざっとまとめるとこんな感じ。

ios12のポイント
  1. 対応機種の対象範囲がかなり広い
  2. 対象デバイスのスピードが高速化
  3. CPUパフォーマンスが劇的に向上
  4. 写真の自動分類・検索強化・共有提案
  5. 新アプリ「Measure」の登場(AR機能が進化)
  6. ARプラットフォームの最新版「ARKit 2」を発表
  7. 自分のアバターを作成できる「Memoji(ミー文字)」
  8. FaceTimeのグループで最大32人と同時通話可能
  9. Siriのショートカット機能
  10. ロック画面の通知をグループ化
  11. CarPayでグーグルマップが利用可能
  12. 新機能「App Limits」
  13. おやすみモード機能の強化

iOS12の最大の特徴

iOS12の最大の特徴は、なんと言っても速度向上です。

古いiPhone端末でもサクサク動くぜ!!というのがウリです。

今までの流れだと新機能や機能強化にスポットライトが当てられていた感じですが、今回は旧iPhone端末でもサクサク動いちゃう速度向上がポイントです。

一つの目安として、iPhone 6s世代では

  • アプリの起動が最高40%高速化
  • キーボードの表示が最高50%高速化
  • カメラの起動が最高70%高速化
  • 高負荷処理が最大2倍高速化

が実現できると発表されました。

どんだけ早くなるんだよ!

今までのアップデートでは利用時間とともにCPUが上がっていった感じですが、iOS 12ではOS側が要求したタイミングでCPUへの負荷を高める感じになります。

スポンサーリンク

iOS12の対応デバイス(対応機種)

iOS12は、iOS 11を利用できるすべての端末で利用できる予定です。

今までAppleがリリースしたiOS中で、最も対象範囲が広い!

具体的には、こちらのデバイスに対応しています。

iPhone iOS12対応デバイス
  1. iPhone 5s
  2. iPhone SE
  3. iPhone 6
  4. iPhone 6 Plus
  5. iPhone 6s
  6. iPhone 6s Plus
  7. iPhone 7
  8. iPhone 7 Plus
  9. iPhone 8
  10. iPhone 8 Plus
  11. iPhone X
MASA
iPhone 5sが登場したのは2013年なので、5年前のデバイスも対象範囲に入っていること自体すごいことです。
iPad iOS12対応デバイス
  1. iPad Pro 9.7インチ
  2. iPad Pro 10.5インチ
  3. iPad Pro 12.9インチ(第1世代)
  4. iPad Pro 12.9インチ (第2世代)
  5. iPad(第5世代)
  6. iPad(第6世代)
  7. iPad Air
  8. iPad Air 2
  9. iPad mini 2
  10. iPad mini 3
  11. iPad mini 4
iPod iOS12対応デバイス
  1. iPod touch(第6世代)

iOS12のリリース時期

気になるiOS12のリリース時期について。

iOS11の時は9月20日にリリースされましたので、今まで通りの流れだとこんな感じになります。

  • iOS12 発表:2018年6月5日
  • iOS12 ベータ版公開:2018年6月5日
  • iOS12 リリース:2018年9月(予定)
注意
上記は日本時間です。

まず、開発者とベータテスター向けのiOS12ベータ版が6月4日から配布されて、私たち一般向けの正式版iOS12は、2018年9月頃になります。

毎年この時期はAppleの秋の新製品発表イベントが開催されるので、このタイミングでリリースされることになりそうです。

iOS12の新機能

気になるiOS12の新機能について紹介します。

今回のアップデートの前に、大方の予想では機能強化は控えめになるんじゃないか?と噂されていましたが、「速度向上」「パフォーマンス強化」がメインとはいえ、iPhoneの使い勝手が大幅に向上する新機能が多くありました。

1つずつ詳しく見ていきましょう。

写真を自動で分類できる!検索が便利に

iOS12では、写真アプリが進化しました。

検索のサジェストがさらに強力されて、さらには車、犬、花などの写真を予測した上で自動的にカテゴライズしてくれるようになります。

「For You」タブも追加されます。

また、複数の検索条件を指定して写真を検索することができるようになります。

さらに、写真に写っている人を認識してそのまま共有することもできたり、他の人が撮影した写真に自分が写っていたら、共有するかどうか確認することができるようになります。

サイズ測定アプリ「Measure(メジャー)」

カメラ経由でいろんなもののサイズを測れるようになりました。

これ、服や紙、家具などのサイズを測るときに超便利!!

手元にメジャーがなくても、iPhoneがあれば目の前のものの大きさをすぐに測ることができるようになります。

測定したいにものをカメラで表示して、長さ・面積を計測できます。

「AR Kit 2」が登場!マルチユーザーARに対応!

最新のARフレームワーク「AR Kit2」が登場し、マルチユーザーARに対応したことにより、マルチプレイが可能になりました!

つまり、複数人(最大4人)が同じAR空間で遊べるようになったんです!

この機能、あまり目立たない機能なのでなんのことやら?と思う方も多いかと思いますが、結構すごいです。

デモでは、LEGOで作成した実際の建物に対して、AR上で拡張して仮想のブロックを追加してましたね。

AR用の新しい3Dファイルフォーマット形式「USDZ」をピクサーと共同開発したとの発表もありました。

これからますますARは発展・進化していくでしょうね。ARが当たり前の未来がもうすぐそこまで来ているようです。

自分専用アバターを作成できる「Memoji(ミー文字)」

「Memoji(ミー文字)」では、自分専用のアバターを作成して利用することができます。

髪型や肌、各種オプションなどを選んで、自分そっくりのアバターを作ることで、メッセージに添付して送ることもできるようになります。

「Tongue Dictation」という新機能が追加されたことによって、ユーザーの「舌」を認識して動きを再現することができるようになったため、表情の動きまで再現できちゃいます!

FaceTimeの同時通話が最大32人まで対応!

これ、すごすぎです。

この機能を使いこなせば、今まで利用していたテレビ会議システムがいらなくなりそうです。

話している人の顔のタイルが大きくなるユーザーインターフェースなので、声だけでなく画面でも誰が話しているかすぐに確認できます。

ちなみに、顔を出して話したくないという場合は、上で紹介した「Memoji」で作成した顔アバターを使うと便利!

「Siriショートカット」がかなり強力

Siriに、アプリの動きや操作を登録できるショートカット機能が追加されます。

どういうことかというと、Siriから特定のキーワードでアプリを起動して、何らかの操作をSiriにさせることができるようになります。

例えばですが、Siriに「もうそろそろ帰る」と話しかけると、帰り道の乗換案内を提案してくれながら、いつも聞いているお気に入りの音楽を再生してくれるなどができちゃいます。

かなり賢い&気が利く秘書として、Siriが大活躍してくれる機能になりそうです。

ロック画面の通知がグループ化されてすっきり

iOS 12では、ロック画面の通知がグループ化されて、すっきり見やすくなる機能が追加されました。

各通知がアプリごとにグループ化されるので、大事な通知を見落とすことがなくなります。

CarPlayアプリがより自由に!グーグルマップも使える!


iPhoneを車の中で使う時に便利なCarPlay。

iPhoneを車に接続すると、こんなことができるようになります。

  • 車のディスプレイで直接操作できる
  • 電話をかける
  • メッセージを送受信する
  • 音楽を聴く

などなど。

そんな便利なCarPlayですが、今までだとマップアプリでしか使えなかったのが、iOS12ではグーグルマップも使えるようになりました。

普段グーグルマップを使っている人にとっては、これだけでもかなり便利に使いこなせるようになります。

「App Limits」が便利!使いすぎを防止できる

iOS12では、「App Limits」が追加されました。

アプリの利用時間を制限することができるようになり、親のiPhone端末からリモートで設定できるので、子供のスマホ中毒防止に一躍買ってくれる機能になりそうです。

「残り5分」「1時間経過」などメッセージが表示される仕組みなので、目安の時間を随時確認できるようになります。

さらに、「スクリーンタイム」機能も追加されこの機能を使うことでアプリの利用時間を視覚的に把握することができます。

おやすみモード機能の強化

おやすみモードでは、寝ている最中に睡眠を妨げないように、ロック画面に通知を表示しないように設定できるようになります。

また、「Automatically ending」機能によって、自動的におやすみモードを終了することもできるようになりました。

複数のオプションの中から選べることになります。

まとめ

6月5日に発表されたiOS12について、まとめて紹介させていただきました。

いかがでしたでしょうか。

個人的には、iOS12の登場でかなり便利になると感じてます。

今回のiOSは「速度向上」「パフォーマンス強化」がメインなので、iPhone 5s 以降のデバイスであればぜひともアップデートしたいところですね!

今年の9月の一般リリースが待ち遠しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA