【iOS11】iPhone画面を録画する方法!録画ができない場合の対処法も紹介

ども!

iOS11にアップデートしてから、iPhoneを今まで以上に使い倒しているMASAです。

みなさんは、iPhoneの画面を録画したい!と思ったことはありませんか?

用途は様々ですが、例えばこんな時に画面を録画できたら便利ですよね!

iPhone初心者の知人や親に、動画で操作方法を教えてあげたい!

神がかったゲームのプレイ動画を友達に自慢したい!youtubeにアップしたい!

そんな要望に応えるべく、今回はiPhoneの画面を録画する方法を紹介します。

画面を録画するためにアプリやパソコンを利用するのが一般的でしたが、iOS 11ではiPhoneの画面を録画する機能が追加されましたので画面の録画が簡単にできちゃうんです。

iOS11に搭載されている画面録画機能を使えば実現することできます。自分の声も一緒に録音することも可能なので、実況動画を録画する場合に便利です!

ぜひ活用してみてください!

スポンサーリンク

iPhone画面を録画するための下準備

iPhoneの画面を録画するためには、コントロールセンターに録画ボタンを追加してあげる必要があります。

手順はこちら。

「設定」アプリで「コントロールセンター」をタップ。

「コントロールをカスタマイズ」をタップ。

「画面収録」の横にある「+」をタップ。

これで完了です。

この下準備をすることで、コントロールセンターに画面録画ボタンが表示されるようになります。

iPhone画面を録画する方法

画面録画の手順

ここからがiPhone画面を録画する方法の本題です。

録画ボタンを追加したコントロールセンターを開いて、録画ボタンを長押しします。

MASA
コントロールセンターは、画面下から上に向かってスワイプして開きます。

録画ボタンを長押しすると、この画面が表示されます。

録画ボタンをタップすれば録画が始まりますが、長押しすることでマイクオーディオのオン/オフを切り替えることができます。

自分の声も一緒に録音しながら録画したい場合は、「マイクオーディオ」をタップして、オフ→オンに切り替えます。

実況動画を録画するときに便利ですよね。

マイクオーディオのオン/オフを切り替えた後、「収録を開始」ボタンをタップすれば、3秒間のカウントダウンが始まり、3秒後に録画が開始されます。

MASA
マイクオーディオのオン/オフを切り替えるために録画ボタンを長押ししましたが、次回からはコントロールセンターに表示されている録画ボタンをタップすれば録画が始まります。

録画が開始されると、画面上のステータスバーがこのように赤くなります。

録画を停止する時は、

  • 赤いステータスバーをタップ
  • コントロールセンターを開いて録画ボタンをタップ

のどちらの手順でも録画を停止することができます。

手順としてはこんな感じです。簡単ですよね?

録画した動画の保存場所

ジェイくん
録画したビデオはどこに保存されるの?
MASA
録画したビデオは、カメラアプリで撮った写真や動画と同じように「写真」アプリ内に保存されるよ。

録画した画面動画は編集できる?

ジェイくん
録画したビデオって編集できるの?
MASA
不要な部分を切り取るレベルの簡単な編集はできるけど、真ん中部分を切り取って前と後ろをつなげたりはできないよ。

スポンサーリンク

画面録画時に音ズレが起きた場合の対処法

iPhoneの画面を録画してもし音ズレが起きてしまったら、大体の場合は負荷が原因です。

ゲームアプリなど操作によってiPhone自体に負荷がかかってしまっているため、音ズレが生じてしまうようです。

そんな時は、こちらを3点をチェック・実行してみてください。

  1. iPhoneを再起動する
  2. 省電力モードをオフにする
  3. 先に録画するアプリを起動しておく

iPhoneを再起動する

録画した動画に音ズレが起こってしまった場合は、まず最初にiPhoneを再起動してみてください。

知らず知らずのうちに、余計なタスクやアプリがバックグラウンドで実行されている可能性があります。

再起動することで音ズレが解消されることもありますので、ぜひ試してみてください。

省電力モードをオフにする

バッテリーを長持ちさせるために省電力モードをオンにしている場合、制限されたことによって音ズレが起こってしまう場合があります。

省電力モードをオフにすることで音ズレを解消されることもありますので、要チェックです。

全然関係のない話ではありますが、iPhoneのバッテリーを長持ちさせたい場合はこちらの記事を参考にしてみてください。

先に録画するアプリを起動しておく

利用しているアプリを切り替える操作って、意外と負荷がかかります。

特に、ゲームアプリなどはそうですね。

アプリ内の画面を録画する場合は、まず先に録画するアプリを起動しておいて、その後に録画してみてください。

これだけでも、音ズレを解消できる可能性があります。

画面を録画できない場合の対処法

そもそも、録画禁止のアプリかどうかチェック

iPhoneの画面が録画できない時は、そもそも録画しようとしているiPhoneの画面は、録画が禁止されているアプリ内の画面かどうかをチェックしてみてください。

Netfrixなど、著作権保護対象の動画コンテンツを配信しているアプリなどが代表的です。

これらのアプリ内で配信されている動画コンテンツは、そもそもiPhoneで録画することができません。

MASA
ちなみにyoutubeは録画できちゃいました。。ただし、著作権の観点からあまりいい使い方ではないと思うので、おすすめはできません。

機能制限がかかっていないかチェック

iPhoneに機能制限がかかっていないかチェックしてみてください。

機能制限が原因で、画面を録画することができない可能性があります。

チェック方法は、「設定」アプリの中から「一般」をタップ。

続いて、「機能制限」をタップ。

この中の「GAME CENTER」項目にある「画面収録」が「オフ」になっていると画面録画ができませんので、「オン」に切り替えてください。

ミラーリング中かどうかをチェック

ジェイくん
ミラーリングってなに?
MASA
iPhoneやiPadの画面を共有してテレビとかに映し出すことだよ。

iPhoneやiPadでミラーリング中の場合は、iPhone画面を録画することはできません。

ミラーリング中だったということをうっかり忘れて録画できない!なんてことがないように注意してください。

ミラーリングをしていない時は、コントロールセンターにこんな感じで「画面ミラーリング」とデフォルトの状態で表示されています。

この状態のときであれば、画面を録画することができます。

録画データに音声が入らない場合の対処法

録画したデータに音声が入らない場合は、機内モード(マナーモード)がオンになっていないかどうかチェックしてみてください。

機内モードがオンになっていると、録画したデータの中に音声が入りませんので注意が必要です。

ちなみにですが、ボリューム0の消音にしても録画データの中にはしっかりと音声が入りますので、音声が入らない場合は機内モードになっていないか要チェックです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

iPhoneの画面を録画するために、今まではアプリやパソコンを使って録画する必要がありましたが、iOS11からは、iPhone単体で画面を録画することができるようになりました。

最後にポイントのおさらいです!

画面録画のポイント
  1. 「設定」アプリから、画面録画をするための下準備をする。
  2. 下準備で、コントロールセンターに録画ボタンを追加する。
  3. 画面を録画する前に、録画ボタンを長押しして音声あり/なしを切り替える。
  4. 録画した動画は、トリミング程度の簡単な編集ができる。
  5. 録画ができない場合は、3つのチェックポイントを確認する。

みなさんも、ぜひiPhoneの画面録画機能を活用してみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA