iPhoneのSuicaにチャージする方法まとめ。クレジットカードや現金でもできるよ!

iPhone(Apple Pay)のSuicaをやたらと使いたがるMASA(@toku_blog)です。

今では当たり前のようにiPhoneのApple Payに登録したSuicaを使い倒していますが、最初はチャージ方法すらわかりませんでした。

そんなわけでこの記事では、iPhoneのApple Payに登録されているSuicaにチャージする方法をわかりやすく&詳しく解説します。

iPhoneのApple Payに登録されているSuicaにチャージするにはどうすればいいの?

モバイルSuicaとしてSuicaアプリを利用しているので、チャージのやり方の手順が知りたい。

iPhoneにSuicaを登録する前に、前提知識としてチャージ方法を先に知っておきたい。

という方は、ぜひこの記事を参考にしてもらえると嬉しいです。

スポンサーリンク

iPhoneのSuicaにチャージする方法は全部で4パターン

まず最初に、iPhoneのSuicaにチャージする方法を簡単にまとめておきます。

チャージ方法は大きく分けると4つあり、

  • クレジットカードでチャージするか
  • 現金でチャージするか

でチャージ方法が変わってきます。具体的にはこんな感じです。

  • クレジットカードでチャージ(2パターン)
    →Suicaアプリを使ってiPhoneのSuicaにチャージ
    →Walletアプリ(Apple Pay)を使ってiPhoneのSuicaにチャージ
  • 現金でチャージ(2パターン)
    →駅にある券売機(チャージ専用機)でiPhoneのSuicaにチャージ
    →コンビニなどでiPhoneのSuicaにチャージ

この4つについて解説します。

【クレジットカード】Suicaアプリ(モバイルSuica)でチャージする方法

さっそく、Suicaアプリを利用してiPhoneのSuicaにチャージする方法を解説します。

Suicaアプリを利用してSuicaをiPhoneに登録する際、記名式のモバイルSuicaとして登録しているのであれば、クレジットカードも一緒に登録済みかと思います。

ここではその登録済みのクレジットカードを利用してチャージする方法を解説します。

SuicaをiPhoneに登録&移行する方法はこちらの記事をどうぞ。

SuicaをiPhone(Apple Pay)に登録&移行する方法。デポジット500円はどうなる?

ちなみに、Suicaアプリをまだ持ってないよ!という方は、こちらからダウンロードできます。

Suica

Suica

East Japan Railway Company無料posted withアプリーチ

 

では、さっそくSuicaアプリ(モバイルSuica)でチャージする方法を説明します。

アプリをダウンロードして起動するとこちらの画面になりますので、画面下にある入金(チャージ)をタップ。

タップした部分の表示が切り替わり、チャージする金額例が表示されるので、チャージしたい金額をタップ。

ここでは1,000円チャージすることにします。

タップした部分の表示が切り替わり、支払い方法として「クレジットカード」もしくは「Apple Pay」の2択が表示されるので、どちらかをタップします。

ただし、ここで注意点があります。

Apple Payを選択する場合は、すでにApple PayにVISAカード以外のクレジットカードが登録されている必要があります。

なぜ「VISAカード以外」かというと、Apple PayではVISAカードを使ってSuicaにチャージすることはできないからです。

Suicaにチャージできない時の7つの原因と対処方法まとめ。

SuicaアプリのほうにVISAカードなどのクレジットカードを登録しているのであれば、Suicaアプリに登録済みのクレジットカードを迷わずタップしてください。

クレジットカードをタップするとこちらの画面になりますので、入金(チャージ)をタップ。

この手順まで完了すると、チャージが完了します。

画面上に「1,000円(チャージ)残高は〇〇円です。」という通知が来ます。

数秒時間を置いてSuicaアプリのトップ画面に戻ると、チャージを実行した金額分が反映されます。

今回の例では無事1,000円分がチャージされ、残高が1,288円になりました。

スポンサーリンク

【クレジットカード】Walletアプリ(Apple Pay)でチャージする方法

次に、Walletアプリ(Apple Pay)を利用してiPhoneのSuicaにチャージする方法を解説します。

WalletアプリでチャージしたいSuicaを選択し、画面右下にある・・・をタップ。

こちらの画面が表示されたら、画面真ん中らへんにあるチャージをタップ。

チャージしたい金額を選択(入力)します。

ここでは、上で紹介したSuicaアプリを利用したチャージ方法と同じように、1,000円チャージすることにします。

これからチャージする金額と新しい残高が表示されるので、確認してみて問題なければ画面右上にあるチャージをタップ。

この手順の後にこちらの画面になった方、いませんか?

画面に表示されている通り、まず先に「Apple Pay」で利用できるクレジットカードの情報を追加してあげる必要があります。

ジェイくん
え??Apple Payにクレジットカード登録しているよ!いつも使っているVISAカード!

ジェイくんと同じことを思った方は、上でも説明した通りApple PayではVISAカードを使ってSuicaにチャージすることはできませんので、VISA以外のクレジットカードを登録しておきましょう。

どうしてもVISAカードでSuicaにチャージしたいという場合は、上で説明したSuicaアプリを使ってチャージしてください。

話を本題に戻します。

WalletアプリにVISAカード以外のクレジットカードが登録されていればこちらの画面になりますので、Touch IDで認証します。

この例では、アメックスカードでチャージすることにします。

Touch IDでの認証が開始されると、画面に「支払いを処理中」と表示されます。

無事支払処理が完了になるとこちらの画面になります。

これでチャージ完了です。

数秒時間を置いてWalletアプリ(Apple Pay)の画面に戻ると、チャージを実行した金額分が反映されます。

今回の例では1,000円分がチャージされ、残高が2,288円になりました。

【現金】iPhoneのSuicaに駅の券売機でチャージする

iPhoneのSuicaに駅の券売機(チャージ専用機)でチャージする方法もあります。

駅の券売機(チャージ専用機)でチャージする場合は、クレジットカードではなく現金でチャージすることになります。

不測の事態でクレジットカードが利用できない場合などは便利ですよね。

ですが、すべての券売機でiPhoneのSuicaにチャージできるわけではなく、チャージ専用機でのみ対応しています。

チャージ専用機にiPhoneを置いて、チャージしたい金額を指定してから支払うことで、Apple PayのSuicaにチャージすることができます。

【現金】iPhoneのSuicaにコンビニなどでチャージする

iPhoneのSuicaにコンビニなどでチャージする時も現金でチャージすることになります。

レジの担当者にチャージしたいと伝えてレジで現金を支払い、レジにあるICカードリーダーにiPhoneをかざせばOKです。

コンビニでチャージする方法はいろいろあるので、もっと掘り下げた内容をこちらの記事をどうぞ。

Suicaにコンビニでチャージする方法を解説。Apple PayのSuicaにもチャージできるよ!

まとめ

この記事では、iPhoneのSuicaにチャージする方法を解説しました。

クレジットカードでチャージするのか、それとも現金でチャージするのかによってチャージ方法が変わってきます。

クレジットカードでのチャージの場合、Apple PayのSuicaにもチャージできますが、VISAカードでチャージするならSuicaアプリ一択です。

この記事で解説した内容をぜひ参考にしてもらえると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA